退屈になりがちな体幹トレーニングを楽しくやるコツ


サッカーの部活やクラブでのトレーニングは、楽しいことばかりじゃなく、辛いことも多いと思う。



例えば、基礎体力向上のためのランニング、体幹力を養うためのコアトレーニング。こういうトレーニングを歯を食いしばって、ひたすら忍耐力で乗り越えるのも一つの方法だけど、「楽しむ」って視点を入れて行えば、辛さが緩和されることがある。



辛いことを楽しみに変換することができると、日々のトレーニングを前向きにこなせると思うんだよね。スポーツだけじゃなく、たぶん勉強にも言えることだと思うけど。



辛いことを楽しくするコツは、「ゲーム性を取り入れる」じゃないかと思う。それだけで物事ってけっこう面白くなるものだ。



core.png

たとえばこの動画。STR Skill Schoolというユーチューブチャネルのひとつなのだが、体幹トレーニングを面白くやる方法を紹介している。



FOOTBALL WORKOUT - CORE TRAINING WORKOUT made fun



海外の動画だが、英語がわからなくても大丈夫。見ればわかる。やってることは単純で、腕立て伏せの状態で2人が向き合い、テニスボールでラリーをするだけ。じっとしているよりも活動量が大きく、体に掛かる負荷も大きいのだけれど、楽しさが加えられているためなんだか楽しそう。トレーニングだと時間がゆっくりしか流れないけど、ゲームだと思えば、時間の経過も早いのもGOOD。



core2.png

ボールの大きさや重さを替えることで、トレーニング負荷に強弱もつけられるよ。メジシンボールがれば、それでやってもいい。



「黙々とでもやるよ!」って人は、こちらも真似してみるといいんじゃないかな。





トレーニング系の動画はゴマンとあるけど、楽しくやるってコンセプトのは意外に少ない。良い物を見つけたら今後も紹介していくね。