ゴールキーパー専用のスパイクってどんな特徴があるの?


ゴールキーパー専用のスパイクというものがある。



パット見は、フィールドプレイヤーのそれと大差はなく、いったいどういう理由で専用なのだ?と訝しんでいる選手もいるかもしれない。もしくは、「オレはGKだけど、専用スパイクなんて使ったこと無いぜ」って人もいるだろう。



ということで、ちょっくら調べてみたよ。



gk.png


GK専用のスパイクを作るっているのは、おのずとGKグローブ等の専用ギアメーカーになる。 たとえば、ドイツブランド、「ウールシュポルト(uhlsport )」は『トルクラレ リガ ジャパン GK』というGK専用スパイクをリリースしている。



ウールシュポルト によれば、「フィールドプレーヤーとは全く違う動きを求められるGKの動きを細部に至るまで研究し、グリップ力と俊敏性を高める機能などを盛り込んだ革新的スパイク」とのことだ。



では、具体的にどのあたりがフィールドプレイヤー用と異なるのか?



1.つま先に鉤爪がある

前足部のスタッドとの間に配置されたクロー(鉤爪・かぎつめ)が、通常のスタッドでは実現不可能な30度以上の鋭角な体勢でも地面にしっかりくらいつき、強力なグリップ力と安定感を約束。



gk3.png

2.GK特有の前傾姿勢をサポートする

ヒール部が4mmアップされている。少しだけかかとが高くなることで、GK特有の前傾姿勢を自然に保ち、瞬時に反応できるのだ。



gk4.png

他にも特長はあったけど、とくにGKならではというモノではなかった。ということで、つま先にツメがあるのと、かかとを上げて前傾姿勢をキープ、の2つが『トルクラレ リガ ジャパン GK』による、GK専用機能と言えそうだ。



ひとつ驚いたのが、動画コンテンツがネット上に皆無に近いこと。



「Uhlsport Torkralle」で検索しても、「トルクラレ リガ ジャパン GK」で検索しても、トンチンカンな関係ないものしかHITしてこない。世界の何処かで誰かがトルクラレ リガ ジャパン GKのことを語っているかと思ったのだが、残念ながらゼロに近い状態だ。なんだかもったいない気がするので、ぜひウールシュポルト さんには奮起いただきたいところ。あ、ジャパンという名称だから、日本以外で話題になる可能性は低いな。



gk2.png

あと、どうでもいいけど、"torkralle"をトルクラレと発音するのってけっこう難易度高くないだろうか?名称も覚えにくい。この辺は、他メーカーのマキューリアルスーパーフライ(NIKE)とか、エヴォパワー(PUMA)とか、プレデター(アディダス)など、「意味はよく分かんないけど、なんとなくカッコいい!」なネーミングもご検討してほしいものだ。