アシックスの動画コンテンツ「蹴劇」が相変わらず興味深い


アシックスの「蹴劇」という動画コンテンツがなかなか味わい深い。



日本を飛び出して、アジアを舞台に活躍する伊藤壇選手と、和泉新選手が紹介されているのだが、現地のサッカー環境や難しさ、面白さについて動画で語ってくれている。



久々に新しい動画がアップされていたので、紹介するね。



shugeki.png

伊藤壇選手は、大学卒業後の1998年にブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に入団して2年間プレーしたけど首になってしまった。退団後は故郷に戻り、地元の社会人チームに所属していたけど、サッカー雑誌に載っていたシンガポールサッカー事情の記事を読んで一念発起し、海外へと渡ってしまっている。



ちなみに動画紹介時は39歳だけど、11月3日が誕生日なのですでに40歳だ。40代のプロサッカー選手ってなかなかいないよね。こないだ復帰したゴン中山、横浜FCの三浦知良とか以外にはあまり思い浮かばない。(居るとは思うんだけど)



shugeki2.png

一方の和泉新選手は、山口県下関市出身で、インド人の父と日本人の母との間に生まれた、インド国籍のサッカー選手だ。もともとはアルビレックス新潟シンガポールに所属してSリーグでプレーしていたが、インドのチームのオファーを受け、いくつかのチームを移籍してプレーしている。



和泉新選手も動画では32歳と紹介されているが、7月31日が誕生日なので現在33歳になる。



shugeki3.png

下の動画は、日本に帰国した二人の選手にインタビューした様子。



蹴劇-SHUGEKI- #9 伊藤壇・和泉新【再会 ~前編~】

蹴劇-SHUGEKI- #10 伊藤壇・和泉新【再会 ~後編~】

感想としては、「もっと深く掘り下げて欲しい!」だね。面白いんだけど、イントロだけで終わってしまってて、二人のメッセージがしっかり突き刺さってこない。3ヶ月間密着して、実際の現地生活とか、試合やトレーンング風景をじっくり見たいなあ。



アシックスさんはせっかくスポンサードしているんだから、もっとガッツリとした骨太コンテンツを作っていただきたい。



というわけで今後も注目のアシックス動画コンテンツ「蹴劇」でした。