キミは知っていたか? アンダーアーマーもサッカースパイクを作っているということを


アンダーウェアとしてかなり有名なアンダーアーマー。



サッカーだけではなく、さまざまなスポーツ、それもトップエリートらにも使われているインナーウェアだ。野球やゴルフ、アメフト、バスケットボールのもうが、もしかしたら有名かもしれないが。



ウェア等のアパレル以外にも、ジョギングシューズやトレーニングシューズを作っていたのは知っていたが、「さすがにサッカースパイクは作ってないだろう」と思って公式サイトをチェックした。



ua.png

そしたら、あった...。



それが「UAクラッチフィットフォースHG JP 15FW PV」である。



ua2.png

他社スパイクとは何が違い、どんな特徴があるのであろうか? 公式サイトによれば、「ダッシュ、ジャンプ、ステップ、ターンなどの動作により、プレー中、足の形状は常に変化している。伸縮性とサポート性を兼ね備えた2つの素材構成により、そのわずかな変形も逃さずフィットをコントロール」するとのことだ。



2つの素材とは、ストレッチマイクロファイバーとオーゼティック構造である。どちらも聞き慣れない単語だ。



[ストレッチマイクロファイバー] ベース部分にはプレー中の多種多様な足の動きに柔軟に対応するストレッチマイクロファイバーを使用。一枚の布が足を包み込むようにフィットすることで、ストレスのない履き心地を提供する。


[オーゼティック構造] アンダーアーマーは、縦に伸びると同時に横方向にも伸びるという特性を持つ、オーゼティック構造に着目。ストレッチマイクロファイバーの上にオーゼティック構造の3D樹脂プリントを施すことで、あらゆる瞬間における最適なフィットを実現。


ua3.png
複数色の展開をしているようだ。

言葉だけでは説明が難しい。アンダーアーマーの公式動画があるので、そちらをチェックいただきたい。



アンダーアーマー「UAクラッチフィットフォースHG JP 15FW PV」





J1では柏レイソルの鈴木選手、J2ではアビスパ福岡の亀川選手、海外勢ではSCフライブルクの木下選手らが使っているらしいぞ。



なお、リアル店舗は原宿天王洲にあるYO!