オーセンティック? それともレプリカ? サッカーユニフォームの違いとは


前々から気にはなっていたんだけど、日本代表やJリーグ等のユニフォームには、オーセンティックとレプリカの2種類あるよね。あれの差ってなんなんだろうか。



一般的に、オーセンティックはレプリカの1.5倍の価格がする。ちょいとお高いユニフォームなのだ。



uniform.png

※画像引用元はこちら



オーセンティック=本物なのは間違いない。よって、オーセンティック=プロ選手が実際にピッチでプレーするとき着用しているもの、である。ではレプリカはなんなのか。具体的に何が違うのか、サポーターはどっちを選ぶべきなのか?また、その理由は?



あんまり真剣に考えたことがなかったので、調べてみた。



まず読んだのは浦和レッズの公式サイトの説明



このページに書かれている内容は、あくま浦和レッズのユニフォームでの差についてではあるが、まとめると、次のようになる。



  • 《素材》と《シンボル》はどちらも同じ。


再生ポリエステル(再生プラスティックボトル100パーセント使用)でできており、首裏にはクラブとサポーターを繋ぐシンボルが刻まれている。



以下は、オーセンティックにのみ施された特長である。



  • プレイヤーがピッチで着ているユニフォームとまったく同じ作りになっている
  • 特殊圧着縫製という意図を使わない方式
  • レーザーカッティングベンチレーション(糸を使わず熱で穴を開ける技術)
  • クラブエンブレム・星印・NIKEマーク:プリントシート、特殊圧着加工(軽量化目的)
  • 「SPORTS FOR PEACE!」ロゴ、国連関連機関「国連の友アジア-パシフィック」(FOUNAP)と連携してスタートさせた国連プログラム「SPORTS FOR PEACE!」(SfP)のロゴプリントシートが入る


と、まあ色んな最先端技術が使われている。



ひるがえってレプリカユニフォームであるが、「しっかり糸縫しているので耐久性に優れている。毎試合、応援に行かれる方に最適」とのこと。むむ、オーセンティックは選手用だけあって、軽さや着心地を優先しており、耐久性はやや低い。



つまり、応援用に買うのであれば、安いレプリカで充分なのである。



このブログにも同様の事が書かれているので、参考にドウゾ。



こちらのブログは、ニセモノのユニフォームとオーセンティックを比較されていて、これは興味深い。※レプリカはニセモノではないよ。