【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第3回】 外国人選手は、ミスしても謝りません(笑)

アスリートストーリーズでサポートしている東城翔也選手は、現在ポルトガル1部リーグのマリティモ(http://www.csmaritimo.pt/)に所属しています。2015年2月に新加入したばかり。それまでは、ブラジルリオデジャネイロ州1部フリブルゲンセでプレーしていました。




アスリートストーリーズは、東城翔也選手を長期にわたって継続的に取材し続けます。
第3回は、ポルトガル、ブラジル、日本のトレーニングの違いを語ってもらいました。

ポルトガルでの練習って、日本にはない特別なことするの?

僕が経験したヨーロッパサッカーはポルトガルとスペインの二カ国ですが、これといって特別な練習はしません。アップ、ボール回し、10対10のポゼッションをしたり、ピッチサイズを変えてミニゲームしたり、広げて試合形式でやったり......難しいことは何もないですよ。

ただ、日本チームは練習後に軽くジョグを入れたり、時間をかけて入念なストレッチでクールダウンするのが常識ですが、ポルトガルの選手はあまりせず、ちょっとストレッチしてさっさと切り上がってしまいますね。


他にはどんなことを?

得点できない試合が続いているときは、クロスからのシュート、ペナルティエリア内での攻撃練習を増やすってことはあります。でもせいぜいその程度でして、日本もヨーロッパも練習内容では大差無い印象です。きちんと教科書通りのメニューをこなすってかんじですね。

ブラジル時代の練習と比較しての違いは?

ブラジルはヨーロッパや日本とはぜんぜん違います。ブラジルはその日のやることがハッキリ決まっていることが多い。2タッチなら2タッチだけひたすらやる、みたいな。僕のいたリオデジャネイロ州1部のフリブルゲンセはポゼッションサッカー志向のチームではなかったので、テンポの早い2タッチ練習が多かったです。

ブラジルチームの監督は、練習中に細かく指示を出すの?

いえ、その逆でほとんど指示をしてきません。選手たちでその日やるべきことを話し合って、自由にメニューを組むことも珍しくないです。監督はちょっと口を挟むくらいはしますが。これが日常的であるブラジル人選手は、だから適応能力が高いのかもしれないですね。

ブラジルの練習は日本の常識とは外れている?

ブラジルではポピュラーな練習なんですが、試合前日はポジションをバラバラに替えて試合するって練習を必ずやるんですよ。GKがFWに入ったり、ボランチがGKしたり、てんでバラバラ。リラックスさせることが目的で、ときには監督も混じってゲームしますよ。

こういうおふざけゲームはどの国でもやるとは思うんですけど、ブラジルが違うのは「ガチンコでプレー」するんです。キャッキャウフフと遊ぶんじゃなくて、全員が真剣にプレーするんです。真剣だから、こういうゲームも練習になるんです。監督がミスしたら周囲にからかわれたり、怒鳴られますよ。こういうの、日本ではちょっとありえないんじゃないでしょうか。

外国人と日本人でプレーしていて違いを感じるのはどんなとき?

外国人はミスしても謝らない(笑)。それどころか、人のせいにして非難してきます。「お前がスペースに走りこまないから、ラインアウトしたじゃねーか(スペースにパスを出したオレは悪くなく、走りこまなかったお前が悪い)」的な。

そこでシュンとなったらオシマイなので、自分がミスをしていないならばしっかり主張し返す。ポルトガル語でふつーに怒鳴り合います。で、練習後はお互いケロッと忘れています。でも、こっちがミスしたら素直に認めて、次の成長につなげなくっちゃと心がけています。

ポルトガル語には慣れた?コミュニケーションは問題ない?

ブラジルの生活が長いので、ポルトガル語はほぼ問題ないんですが、ポルトガルは勝手が違って、聞き取りもしゃべりもまだ四苦八苦しています。でも、試合中の言葉はほとんど変わりません。「前からプレスかけろ」とか「縦のコースを切れ」とか、ピッチ上のコミュニケーションでの苦労はありません。

マリティモではそろそろ試合に出場する?

こないだの練習の紅白戦で点を決めて、サブ組からスタメン組にも移動になりました。明後日、Bチーム(2部リーグ所属)の試合でスタメンで出場すると思います。相手はスポルティング・リスボンのBチームです。

※スタメンで出場し、後半30分で交代。試合結果は0-0

マリティモが所属するのは、1部と2部リーグ?

3部もあって、マリティモCチームが所属していますよ。ポルトガルリーグってすこし変わっていて、上のAチームとBチームが1部と2部の公式試合を自由に行き来が出来るので、上のチームでは1部の試合でレッドカードを食らっても、2部リーグの試合に出場できるんです。下のCチームはサテライトなんです。なのでCチームの選手が上に行く為には新たな登録が必要になり、逆のパターンでA・Bチームの選手が3部の公式試合に出場が出来ないんです。



健闘を祈っています!


第4回に続きます。
---------------------------------------------
※過去記事一覧はこちら
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第1回】 サッカーが上手いだけではブラジルでプロになれない
https://athletestories.jp/blog/2015/04/20150427-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第2回】日本人は足元の技術は高いけど、球際の厳しさが足りない
https://athletestories.jp/blog/2015/04/20150430-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
------------------------------------------------------------

<東城翔也プロフィール>

東京都板橋区出身。幼稚園の頃から2人の兄の影響でサッカーを始める。高校2年生の時、日本遠征へきていたブラジルリオデジャネイロ州1部フリブルゲンセからオファーを受け、ブラジルへの留学を決める。そして、当時通っていた全日制の高校からKTCに転入。当時17歳であった事からプロ契約ができなかったため、U-23チームで公式戦などに出場していた。2015年1月にポルトガル1部リーグのCSMarítimoに移籍し、より高いステージへと進んだ。

<マリティモの情報はこちら>

公式サイト http://www.csmaritimo.pt/
公式フェースブックページ https://www.facebook.com/csmaritimo
YouTube公式チャネル https://www.youtube.com/user/csmaritimomadeira
------------------------------------------------------------