【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第7回】 「サッカーが上手ければ、海外で成功できる」は大間違い

アスリートストーリーズがサポートしている東城翔也選手は、ブラジルリオデジャネイロ州1部フリブルゲンセでプレーした後、現在は海を渡ってポルトガル1部リーグのマリティモ(http://www.csmaritimo.pt/)に所属しています。










アスリートストーリーズは、東城翔也選手を長期にわたって継続的に取材し続けます。
第7回は、彼自身のプレースタイルについて語ってもらいました。

最近のマリティモ でのプレーの調子は?

公式戦出場はまだですが、練習試合ではゴール、アシストを決めています。ただ、チームの成績が芳しく無くて、リーグでの順位がかなり低い。(僕のような)若手にチャンスを与えるよりは、無難にベテランが起用されることが多いですね。
結果を出すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、へこたれずに頑張ります(笑)。

1対1が得意ってことだけど、プレーで気をつけていることは?

ドリブルで仕掛けるとき意識するのは、相対するディフェンダーだけではなく、その先にいるカバーリングの選手も視野に入れます。
つまり、目の前の1人とだけ勝負しようとするのではなく、2~3人を相手にするくらいの気持ちで仕掛けます。

あとは姿勢と視線でも相手を騙しますね。行くと見せかけて行かない。行く気がないと思わせて行くという緩急です。日本だと複数のディフェンスで突破を阻んでくるかんじですが、ポルトガルでは1人で仕留めにきますね。「絶対に負けたくない」、「プライドにかけて何が何でも止める」っていう気迫は、日本人とは比べ物になりません。

ポルトガルで学んだこと





ポルトガルでは「1対1の大切さ」を学びました。
軽いディフェンスをすると叱られるし、戦う姿勢を見せるのは当たり前。
攻撃でも守備でも、失敗した時に落ち込んだらおしまいです。
逆に自分を奮い立たせなくちゃいけない。


試合前の自分なりのルーティンや儀式ってある?

とくにこれといった儀式は設けていませんが、試合前日に1人でイメージトレーニングはします。試合開始前のアップを終えて、ロッカールームに戻ってきてから一気にテンションを上げていきます。

ポルトガルと日本で感じるプレーの差は?

ポルトガルのほうが段違いに激しいです。なにしろ、生活がかかっていますからね。日本人選手も生活がかかっているのは同じですけど、重みが違うんですよ。日本であれば、選ばなければいくらでも仕事はあるし、セーフティーネットも充実していますが、ポルトガルだと本当に生活が立ち行きません。成功できなければ、大げさではなく、家族が露頭に迷うことになりますから、覚悟が違います。

「上手ければ成功できる」は大間違い




ポルトガルのほうがプレーは激しいと言いましたが、勘違いしてほしくないのは、ポルトガル人のほうが日本人よりフィジカルが優れている、と言いたいわけじゃないんです。
オランダのような190センチを越えるノッポがウジャウジャいるわけじゃないし、小柄なポルトガル人選手は多い。僕は体格差とか筋肉量の差ではなく、「気持ちの差」だと思います。だから、日本人だって潜在力は持っているはず。


ただ、日本人選手は「上手ければ通用する(はず)」「技術があるから成功できる」という考え方をする選手が多い印象です。サッカーがうまいのと、成功できるか(勝てるか)どうかは別物。勝負を決めるのは、ボールの扱いの優劣よりも、メンタルとか戦う気持ちの強いほうですよ。
---------------------------------------------
※過去記事一覧はこちら
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第1回】サッカーが上手いだけではブラジルでプロになれない
https://athletestories.jp/blog/2015/04/20150427-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第2回】日本人は足元の技術は高いけど、球際の厳しさが足りない
https://athletestories.jp/blog/2015/04/20150430-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第3回】外国人選手は、ミスしても謝りません(笑)
https://athletestories.jp/blog/2015/06/20150601-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第4回】プロフットボーラーは食事と睡眠を疎かにしない
https://athletestories.jp/blog/2015/07/20150706-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第5回】プロだからこそ、道具を大切にしている
https://athletestories.jp/blog/2015/09/20150915-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
【東城翔也のポルトガルリーグ奮闘記- 第6回】挫折があったから今がある!プロになる選手は漏れ無くメンタルが強い
https://athletestories.jp/blog/2015/10/20151028-1-csmaritimo-syouyatoujyou-.html
-----------------------------------------------------------

<東城翔也プロフィール>

東京都板橋区出身。幼稚園の頃から2人の兄の影響でサッカーを始める。高校2年生の時、日本遠征へきていたブラジルリオデジャネイロ州1部フリブルゲンセからオファーを受け、ブラジルへの留学を決める。そして、当時通っていた全日制の高校からKTCに転入。当時17歳であった事からプロ契約ができなかったため、U-23チームで公式戦などに出場していた。2015年1月にポルトガル1部リーグのCSMarítimoに移籍し、より高いステージへと進んだ。

<マリティモの情報はこちら>

公式サイト http://www.csmaritimo.pt/
公式フェースブックページ https://www.facebook.com/csmaritimo
YouTube公式チャネル https://www.youtube.com/user/csmaritimomadeira
------------------------------------------------------------