現場のためのスポーツICTセミナー 東京開催のご報告

3月6日(日)にインフォコム株式会社原宿本社にて、「現場のためのスポーツICTセミナー」を開催致しました。
日曜日の夕方から夜遅くまで足元が悪い中、多く方にご参加頂きありがとうございました。


今回のセミナーは、九州共立大学の永田先生、日本スポーツアナリスト協会の千葉先生、株式会社Sports Multiply 代表の佐藤先生から実際に現場で使えるICTの実用例について講演を行って頂きました。

トップバッターとして永田先生には、全日本女子バレーボールのiPadでのICTの活用事例やラグビー日本代表選手のウェアラブル端末でのコンディション管理実例についてお話しを行って頂きました。




2番手として佐藤先生には、「Swim Coach Pro HD」アプリの遅延再生などを利用した動作分析についての活用例をお話しして頂きました。

また、実際にAthlete Stories AT版を使用した実用例などのお話しもして頂きました。






3番手としてアスリートストーリーズは、春にリリース予定にしているアプリについてを先行で発表させて頂きました。

1日でも早く皆様にお知らせができるように準備を進めております。
今しばらくお待ちください。





ラストとして千葉先生には、フェンシングの日本代表チームがロンドン五輪で銀メダルを獲得するために行われてきた分析についての成功例をお話しをして頂きました。

そして、リオ五輪の切符を掴めなかった敗因などについてもアナリストの立場としてお話しをして頂きました。




講演会後には、懇親会を開催し様々な夜遅くまで多くの方が様々な方と交流を行っていただくことができました。
今後も様々な先生方との講演を増やながら、開催地域も増やして参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。