アスリートストーリーズのアプリを使い始めたことで、選手ひとりひとりとコミュニケーションをとる時間ができるようになりました。


2、3時間の練習時間はあっても、いったん始まってしまうと選手はグラウンドに散らばってしまうし、個別に会話するヒマはないんです。こっちも全体指導に専念しなければならず、選手も会話するどころじゃなくなります。練習の後に、一人ひとりに数分づつアドバイスしたりはしますが、大勢いるとゆっくり話すこともできません。それに、選手によっては自分と指導者の会話を仲間に聞かれるのことを恥ずかしがることもあります。アプリであれば、1対多でのコミュニケーションが一気にできるので、時間が有効活用できて助かっていますよ。


次の試合に活かすべき点がはっきり残ってよいです。


体重や体脂肪はこれまで一切気にしたことはなかったんだけど、アプリを使ったことで意識するようになったのが一番の変化です。練習や試合の結果を残すことによって、次の試合に活かすべき点がはっきり残ってよいです。


次の試合に活かすべき点がはっきり残ってよいです。


体重や体脂肪はこれまで一切気にしたことはなかったんだけど、アプリを使ったことで意識するようになったのが一番の変化です。練習や試合の結果を残すことによって、次の試合に活かすべき点がはっきり残ってよいです。


チームメイトの情報を意識できる。


・バランス良い食事をするようになりました。チームメイトに見られるという意識も働いているかもしれないんですが、間食の量も減りましたね。
・自分だけじゃなくて、チームメイトの情報も見れるのがすごい。たとえば、自分では考えていないことをコメントしていると「あ、こういう意見もあるのか」と気づかせてもらえる。
・過去の記録と比べるのが簡単で、自分のコンディションを客観的に把握し続けられるのがよい。
・アプリを使う前は自分一人のことしか考えなかったけど、チームメイト同士の情報がわかることで「苦しみを分かち合っているんだ」ということに気付かされた。他の選手ともっと話しあうようになったし、コミュニケーションの量が増えた。
・体重の増減や体調、食事の内容をちゃんと記録したのは合宿の間だけだった。アプリのおかげで、普段から数字で管理するように意識が変化した。


選手が自主的に振り返りをするように変わった。


選手一人ひとりに話しかけてコンディションを確認できてないんですが、アプリでひとまとめにしてくれるといつでも時間をかけずにチーム全体の状況把握ができて助かっています。


選手が自主的に振り返りをするように変わった。


選手一人ひとりに話しかけてコンディションを確認できてないんですが、アプリでひとまとめにしてくれるといつでも時間をかけずにチーム全体の状況把握ができて助かっています。


■アスリートストーリーズ運営者
東京都渋谷区神宮前2-34-17
(代表)TEL:03-6866-3000
■サービスについて
■公式アカウントをフォロー
アスリートストーリーズブログ
■お問い合わせ
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-34-17
住友不動産原宿ビル
(直通)TEL:03-6866-3397
Copyright © 2015 AthleteStories All Rights Reserved.